数々の栄冠に輝き続けるマツダの至宝、新型ロードスター

2015年に約10年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、4代目に進化したマツダのオープンスポーツカー「ロードスター」が、「JAHFA 日本自動車電動カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」に引き続き、「2016 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「2016 ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、その勢いは止まりません。

最新型ロードスターは、マツダの近年の大躍進の原動力である基幹技術「スカイアクティブ・テクノロジー」を全面的に採用し、鋭い眼光を放つ印象的なボディデザインには躍動感とエレガンスさ、アグレッションを融合した「魂動 -Soul of Motion-」を起用し、ライトウエイトというデビュー時からの基本コンセプトはそのままに上質感をアップしています。

ボディは先代よりも軽量化を行い、尚且つ剛性のアップにも成功し、まさに「人馬一体」を体現するかのような走行性能や加速力、切れ味の鋭いハンドリングを実現しています。

エンジンには1.5L直列4気筒自然吸気エンジン「SKYACTIV-G」を搭載し滑らかなフィーリングに拘りを見せています。幌は座ったままでも簡単な操作で開閉できるガラス製リアウインドー付ソフトトップを採用しています。

うーん。いいですよね~。乗り換えしようか迷ってしまいます。

で、今の愛車を車買取相場をしらべてみることにしました。ちなみに相場は車買取 那覇で調べることができましたよ。

軽自動車の規格

軽自動車の販売が不振のようです。

しかし、予想されたことでした。

消費税8%になる前の駆け込み購入と軽自動車税アップが、大きく影響していると思います。

元々、軽自動車は、日本独自の規格であり、一家に一台という国のスローガンというか念頭において設けられた規格です。

自動車の技術も革新され、日本自体も豊かになった今、改めて軽自動車規格を考える必要があります。

軽自動車は、四割を占める売上であり、大人気です。

その背景にあるのは、維持費の安さと取り回しに便利なサイズが挙げられます。

アメリカは、参入障壁だという主張を繰り返しており、軽自動車規格の撤廃を強く求めています。

これは、政治的決断になると思いますが、撤廃したら、その政権や政党への支持率は急落し、とてもじゃないですけど、そういう英断は出来ないと思います。

一方、その規格があるから、輸出が出来ず、勿体無いという意見もあります。

これが、1000cc未満でもう少し大きいボディサイズだと、新興国への輸出も可能になりますし、海外からの輸入軽自動車も誕生します。

軽自動車でも車を売るなら名護 車買取で一括査定がおとくなんですよ。

色々な意味でグローバル化時代ですし、550ccから660ccになりましたが、やはり、もう少し規制緩和するべきでしょう。

仮に規制が緩くなったとしても、小さいエンジン、小さいサイズの軽自動車が売れるかもしれません。

軽自動車税を値上げするなら、併せて規制緩和も行うべきだったように思います。

サーキット動画で多い車種

最近は、雑誌や企画ではなく、自分で走行中の動画をアップロードする人々も増えました。

時代が変わりましたね。

一昔前、多かった車種は、ランエボ、インプでした。

特に、直線が短い筑波サーキットなら、ほとんどこの車種でした。

GT-RやNSXとほぼ同タイムだったため、改造すれば、1分そこそこのタイムが出ることもあり、流行っていました。

スリックに変えると、それだけで約2秒近くタイムが上がるそうです。

ブーストアップが主流でしたが、ブレーキパッド交換、スリックタイヤ交換だけで後ノーマルでも、腕のある人なら1分に近いタイムを出せると思います。

最近、スポーツカーのサーキット動画の主戦場が、ニュルブルクリンクに変わってきました。

特に、GT-RやNSXは、世界的なスポーツカーですから、世界との比較を考えれば、どうしてもドイツのサーキットを選ぶのでしょう。

ランエボやインプもそこで走っており、8分を切るタイムを出しています。

コスパで言えば、世界最高だと思います。最近逆輸入された限定400台のシビックタイプRもニュルブルクリンクを走っていますし、動画をリリースしています。

世界最速のFFであり、ルノーのメガーヌの限定販売モデルのタイムを上回りました。

こういう動画を見ると、スポーツカーの性能や車両価格が上がり、所有者もサーキットで走るという人々が増えたように思います。

ランエボ、インプ、GT-Rの車でも久留米 車買取の一括査定ならさらに高価買取が期待できます!新車へ買い替えする際に利用してみてはどうでしょうか。

若者の車離れ

若者の車離れが進んでいるといいます。ちょっと悲しいですね。

たしかに20代、30代は車を所有しなくなってきています。特に都会の若者に至っては、公共交通機関があるから車を所有する意味などない、と平気で考えています。移動にマイカー必須の地方ならともかく、都会で住んでいるのなら車を所有することはもはや珍しいことかもしれません。

そもそも、車を持つことが現代ではステータスでもなんでもないのです。昔は高級車やら外車がもてはやされたものですが、今の若者は堅実性を重視し、ブランド性に振り回されたりしません。昔のようにありがたがって高級品を購入しようとはしません。

車の消費を促すのであれば、おそらく高級車よりも手軽な軽自動車や家族で使えるワゴン車を宣伝していくほうが効果的なんでしょうね。個人的には32Rに限らずGTRをおすすめしたいのですが(笑)

いまどきは男性も自分の車で自分の社会的地位を誇ったりするような時代遅れなことをやりません。女性も軽自動車に乗っている男をばかにするようなことは少なくなっています。車のような高価な買い物は今の若者の価値観にマッチングせず、とにかく時代遅れなお荷物なのです。

今後車が都市圏の若者に広まるようなことは想像しにくいです。車を普及させるのであれば地方の若者をターゲットにしていくしかないのでしょうかね。

車の買い替えはディーラーに下取りに出すよりは車買取に出す方が断然お得なんですよね。車の買取には八戸市車買取が役に立つかもしれませんよ!

伯父の愛車であったワゴンR

私の伯父は癌と闘病した末に、2月末に亡くなりました。運転することが好きで、亡くなる直前まで愛車であるワゴンRで近場の温泉施設などに出掛けていたようです。若い頃には普通車などかっこ良い車に乗っていたのですが、年齢を重ねた後独り身なこともあり、経済的な軽自動車に乗り換えました。

 

新しく車を買い替えたのは2年ほど前で、その時には亡くなることは想定していなかったと思います。

 

結果として伯父は亡くなり、手元には愛車が残りました。妹である母親が相続するのですが、母は新しい車を所有していて、私に譲ってもらえることになりました。

 

車が届いてみると、車内は伯父が吸っていただろうたばこの臭いが残っていて、伯父の存在感を強烈に残していました。私の以前の軽自動車は一番簡易な装備の物で不便でしたが、伯父のワゴンRはある程度グレードの良い物であり、シートのクッション性、車の機能などが全然違います。

 

車が届いてから子どもを乗せて走りますが、時折伯父のことを思い出します。

 

ただこの愛車もそのまま廃棄されてしまうよりは、私の元でこれからも活躍する方が良いのかなと勝手に解釈して、これから大事に使っていきたいと思います。

 

これからこの車を利用して、家族でいっぱい思い出を作っていきたいです。

 

ちなみに車の買取は帯広市車買取.comが便利でした!参考までにどうぞ。

 

つまらなくなったF1(フォーミュラ1)

車のレースで最高峰のF1が、つまらなくなったと言われています。

 

世界三大イベントであり、物凄い観客数や視聴者数ですが、近年変化が起きています。

 

特に、日本ではその人気が顕著に下火であり、地上波放送もなくなりました。F1の熱狂的なファンは依然存在していますけど、昔はファンだったという人がほとんどです。

 

一つの時代があるのは、どの世界でも同じです。

 

マクラーレン・ホンダが活躍し、セナ・プロスト時代は、本当に日本でも人気がありました。

 

しかし、その後も日本人有力ドライバーは誕生せす、ホンダ、トヨタの車メーカーの撤退等、日本で人気が下火になるのも理解できます。

 

再びマクラーレン・ホンダが復活しましたが、成績は芳しくなく、大いに期待を裏切っています。

 

最近のF1人気下火は、異本だけに限ったことではありません。

 

レッドブルが一時代を築いたあとは、メルセデスの時代です。

 

勝つドライバー、勝つチーム決まっており、つまらないと思われても仕方がない状況にあります。

 

最近のF1は、ドライバーの技量より、マシン差が絶対的であり、特に空力が重要とされています。

 

以前のように波乱があるわけでもなく、人間臭いドラマがあるわけでもありません。

 

どんどんハイテクになり、洗練化されたことにより、そういう逆の弊害が生まれており、ショーとしてのレースとタイムを追い求めるレースというジレンマに陥っているようにも感じます。

 

やっぱりこれも時代の流れなのでしょうかね。。。