若者の車離れ

若者の車離れが進んでいるといいます。ちょっと悲しいですね。

たしかに20代、30代は車を所有しなくなってきています。特に都会の若者に至っては、公共交通機関があるから車を所有する意味などない、と平気で考えています。移動にマイカー必須の地方ならともかく、都会で住んでいるのなら車を所有することはもはや珍しいことかもしれません。

そもそも、車を持つことが現代ではステータスでもなんでもないのです。昔は高級車やら外車がもてはやされたものですが、今の若者は堅実性を重視し、ブランド性に振り回されたりしません。昔のようにありがたがって高級品を購入しようとはしません。

車の消費を促すのであれば、おそらく高級車よりも手軽な軽自動車や家族で使えるワゴン車を宣伝していくほうが効果的なんでしょうね。個人的には32Rに限らずGTRをおすすめしたいのですが(笑)

いまどきは男性も自分の車で自分の社会的地位を誇ったりするような時代遅れなことをやりません。女性も軽自動車に乗っている男をばかにするようなことは少なくなっています。車のような高価な買い物は今の若者の価値観にマッチングせず、とにかく時代遅れなお荷物なのです。

今後車が都市圏の若者に広まるようなことは想像しにくいです。車を普及させるのであれば地方の若者をターゲットにしていくしかないのでしょうかね。

車の買い替えはディーラーに下取りに出すよりは車買取に出す方が断然お得なんですよね。車の買取には八戸市車買取が役に立つかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です