つまらなくなったF1(フォーミュラ1)

車のレースで最高峰のF1が、つまらなくなったと言われています。

 

世界三大イベントであり、物凄い観客数や視聴者数ですが、近年変化が起きています。

 

特に、日本ではその人気が顕著に下火であり、地上波放送もなくなりました。F1の熱狂的なファンは依然存在していますけど、昔はファンだったという人がほとんどです。

 

一つの時代があるのは、どの世界でも同じです。

 

マクラーレン・ホンダが活躍し、セナ・プロスト時代は、本当に日本でも人気がありました。

 

しかし、その後も日本人有力ドライバーは誕生せす、ホンダ、トヨタの車メーカーの撤退等、日本で人気が下火になるのも理解できます。

 

再びマクラーレン・ホンダが復活しましたが、成績は芳しくなく、大いに期待を裏切っています。

 

最近のF1人気下火は、異本だけに限ったことではありません。

 

レッドブルが一時代を築いたあとは、メルセデスの時代です。

 

勝つドライバー、勝つチーム決まっており、つまらないと思われても仕方がない状況にあります。

 

最近のF1は、ドライバーの技量より、マシン差が絶対的であり、特に空力が重要とされています。

 

以前のように波乱があるわけでもなく、人間臭いドラマがあるわけでもありません。

 

どんどんハイテクになり、洗練化されたことにより、そういう逆の弊害が生まれており、ショーとしてのレースとタイムを追い求めるレースというジレンマに陥っているようにも感じます。

 

やっぱりこれも時代の流れなのでしょうかね。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です